このエントリーをはてなブックマークに追加

外注を利用する経営者・人事・法務・総務担当者 必見!外注を利用する
経営者・人事・法務・総務担当者 必見!

知らなかったでは済まされない『みなし制度』(労働契約申込みみなし制度)とその対応について知らなかったでは済まされない『みなし制度』(労働契約申込みみなし制度)とその対応について

『みなし制度』について、ご存知ですか?『みなし制度』について、ご存知ですか?

point

正しくは「労働契約申込みみなし制度」と呼ばれ、平成27年10月1日から施行されることが決定している制度です。正しくは「労働契約申込みみなし制度」と呼ばれ、平成27年10月1日から施行されることが決定している制度です。

この『みなし制度』、派遣受け入れ事業者(以下、「派遣先」とします)が「違法派遣」と知りながら派遣社員を受けて入れている場合、違法状態が発生した時点から派遣先が派遣社員に対して直接雇用を申し込んだものとみなし、派遣社員が申込を承諾した場合、派遣先はその承諾を断ることができず、派遣元と派遣社員が契約している雇用条件と同一条件で雇用を行わなければならないという制度です。

この『みなし制度』は、派遣を活用している事業者と派遣社員だけに関わる制度のようにみえますが、
実は業務委託契約や請負契約という形で外部業者に仕事を発注している
すべての企業に関わる大変重要なものです。

特に、IT業界で盛んにおこなわれているSES契約(システムエンジニアリングサービス契約)による発注の多い企業や、ものつくり関連の事業を展開している企業は、『みなし制度』への対応を適切に行わないと、
企業存続を揺るがしかねない大問題に発展する可能性があります。

このウェブサイトでは、外部業者に仕事を発注しているすべての企業の経営者や人事・法務・総務担当者、事業監督者の方を対象に『みなし制度』と、その対応について詳しくご紹介いたします。

『みなし制度』に関するお問い合わせ、『みなし制度』対応の無料相談はこちら!『みなし制度』に関するお問い合わせ、『みなし制度』対応の無料相談はこちら!

グローバル・テクノロジー・デザイン株式会社
アウトソーシング部
お問い合わせ先メールアドレス: